FC2ブログ
富士山に行ってきました(6)
2014年11月08日 (土) | 編集 |
 お疲れ様です。今日の練習もなかなかハードで足腰にけっこうきています。が、このタイミングに投稿しておいてこんなことを言うのもあれですが、今日の振り返りについての投稿ではありません。題名からも明らかなのですが富士山レポです。笑 毎回のように「前回からかなり期間が空いてしまいました」的なことを冒頭で述べておりましたが・・・今回はその比ではないくらい前回から期間が空いてしまいました。前回の投稿では「やっと肩の固定も外れて・・・」なんてことを書いていますが、今では肩を動かすどころか、普通に練習に参加しています。どんだけ期間空けてんだよ、って感じです。自分の当初予定した計画では、どれだけ遅くても夏季合宿までには終わるはずだったのですが、どうしてでしょうか。僕にもわかりません。が、確実に言えるのは、そろそろ書かないと記憶が薄れていきそうでやばいということです。なので続き書いていきます。
 確か・・・前回の終わりは自称「感動の頂上編」みたいな感じにして、それなりにドラマチックな感じにしたのですが、実は、頂上までの道のりにあったのはドラマだけじゃなかったんですよね。簡単に言うと、山小屋出てから頂上着くまでに一人やらかしました。僕です。土砂降りの雨にもかかわらず、ザックカバーもつけずに頂上を目指そうとしたばかです。どんなことをやらかしたのか・・・これを説明するために山小屋を出発したくらいまで話を戻します。前回の投稿でも書きましたが、ザックカバーの入っている場所がわからず、結局ザックカバーつけずに出発しました。最初は正直カバーつけてなくても何とかなっていました。時々カバンのポケットなどを確認して「あーいけるいける(笑)」とか思って安心していました。しかし、時間が経つにつれてザックの湿り気が増し、おまけに雨も強くなってきました。それでも、「まあなんとかなるやろ」と適当なことを考えて歩き続けました。しかし1時間くらい経ったころでしょうか。休憩がてら少し立ち止まったときに急にずぶぬれのザックのことが心配になり一度中を確認しようと思いました。そして、雨のなかポケットのチャックを開けると・・・そこには見たこともない世界が広がっていました。(笑)んー、もっと具体的に言うならば・・・ポケットの中がプールみたいになっていました。(泣)そしてこの時点でかなり衝撃的だったのですがさらに・・・高2から使ってきた愛着あるウォークマンがポケットのなかで水没していました。僕は叫び声を上げたくなるくらいの気持ちでした。そして、慌てて水から拾い上げカチカチボタンを押したりして動くかどうか確かめようとしましたが、何も反応はありませんでした。正直相当ショックで、みなさんが出発しようとしているにも関わらず、何とか動かそうとウォークマンを触っていました。気が付くと、雨に打たれていることも、自分たちが頂上を目指していることも忘れていました。ただ、目の前にあったのはウォークマンとの懐かしい思い出の日々と、今まで(親が)負担してきたウォークマン本体の値段+THUTAYAで借りたCDのレンタル料の合計金額のことくらいでした。
 そんな自分を再び登山モードにさせたのは福竹先輩の「ウォークマンのことは残念だけれども、雨もきついし、とりあえず、頂上を目指そう。過ぎたことはしょうがないし、ウォークマンも乾かせば動くようになるようになるかもしれない。」雨の中のこの状況において、的確すぎる励ましだったと思います。僕も「そりゃそうだよなー。よし、行こう。」という気になりました。再び歩き始めると「頂上まであとちょっとだ」という頂上到達への期待で再び満たされました。そして・・・頂上にたどり着けることができました。
 すみません、この話は下山編の冒頭で軽く触れるつもりだったのですが、なんかこの話だけで少し長くなってしまったので、下山編はまた改めて投稿します。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
THUTAYA 笑笑

太田らしいなー
2014/11/08(Sat) 15:43 | URL  | 今井 #-[ 編集]
OB会でも富士山連載してること紹介してたからね。
OBの人も読んでくれてるちゃん!

ウォークマンは残念やったけど、ウォークマンを失った分、感動を手に入れたってことにしとこ(^^)
2014/11/10(Mon) 12:20 | URL  | 石田 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック