FC2ブログ
富士山に行ってきました(3)
2014年08月21日 (木) | 編集 |
お久しぶりです。実家に帰省している太田です。(2)からまた期間が空いてしまいましたが、続き書いていきまーす(^-^)

7合目に入ってから、7合目を抜けるまでは、かなり時間がかかりました。なぜなら(2)で書いた通り、前の方にいた団体さんの影響で、渋滞が起きていたからです(笑)。正直我々は若いので7合目を抜ける際の岩場は、それほどきつくありませんでした。、僕は主には、啓介先輩の後ろのついて行って、普通の人が歩かないようなルート(いわゆる岩のすき間とか岩の上とか)を通って、他の登山者さんたちをぬかしまくりました(笑)

下の写真は本7合目の鳥居の写真です。人の多さがよくわかりますよね(笑)

1408602816240.jpg

そしてようやく7合目をぬけ、次はいよいよ8合目を目指そうというところまできたのですが・・・ホントに長かったのはここからでした(笑)

7合目最後の山小屋を通過して8合目のほうを見上げた僕は亜然としました。永遠に山場が続いていたからです。そしてはるかかなたにポツンポツンと8合目の山小屋らしきものが見えるだけだったからです(笑)
ここまでこんだけ昇ってきたのに、今からまだこれだけ登るのかー(涙)と内心気がめいりそうになりましたが、もう何も考えずに先輩達とひたすら昇りました。人の混み具合は割とましになってきたので、かなり速いペースで登りました。

ひたすら登ることしばらくの後、本8合目に到着。
1408602857641.jpg

標高が高くなってきたのと、周囲が徐々に暗くなってきたのとで、気温も低くなりはじめました。僕も腰に巻いていたパーカーを着られずにいられなくなりました(笑)
そして、「ホントに長かったのはここからだ」と先ほど書きましたが・・・「ホントにホントに長かった」のはここから(かなりの違いがあります(笑))なんです。理由は、まず、体力的に疲れてきたから。また、酸素が今まで以上に薄いから。そして、時間的にのんびり行けないというから。などなどです。
僕たちが泊まった山小屋は「元祖室」というところなんですが、なんと8合目の中で2番目か3番目に標高が高く、本8合目からかなりあるのでまだまだ歩かなければいけないという(笑)しかもあまり到着時間が遅くなると、山小屋で出してくれるカレーが食べられなくなってしまうらしくて・・・それは恐怖でしたね(笑)
そんなこんなで、今までなかった焦りも出てきて、正直この区間が一番きつかったです(笑)いや、僕だけじゃなくてみなさんそう思っているハズ。
歩いている途中、聖也先輩は「6合目までの区間詐欺やん」と連呼されてたのが印象的でしたね(笑)まあ僕も同感なんですが。
でも、薄暗くなってきたころは、きれいな景色がいくつかありました(^O^)

1408602790024.jpg

DSC_0841.jpg

DSC_0847_convert_20140821170856.jpg

3枚のうち1番上の写真は「影富士」といって有名な光景らしいです。

っとこんな風景を見ながら歩いているとあっという間に周囲は暗くなり、ライトをつけないと、危ないような感じになってきたので、休憩がてら全員ライトを装着。

DSC_0845.jpg

僕の記憶ではここから山小屋までみなさんいろんなことをわめいていたような気がしますが、内容は覚えていません。けれども何かと励まし合っていたような・・・(笑)

そしてそして・・・ひたすら歩いた末(この表現何回目だろうか(笑))・・・ようやく山小屋に辿り着きました!!うん、長かった(笑)でもまだ頂上でもないのにほっとした気持ちと、達成感がかなりありましたね(^O^)

下の写真はこの山小屋の前にある看板です。ぼやけていますが(笑)。もう真っ暗でしたね。危なかった(笑)

DSC_0849.jpg

この辺でアップしておきます(^-^)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大田のブログであのときのきれいやった景色が思いおこされていいね、
2014/08/21(Thu) 22:13 | URL  | 石田 #-[ 編集]
景色きれいだったね( ´△`)
2014/08/22(Fri) 00:32 | URL  | けーすけ #rA3EzzuA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック