FC2ブログ
富士山に行ってきました(4)
2014年09月01日 (月) | 編集 |
どうも。お疲れ様です。右肩手術して右腕がほとんど使えない太田です。数日前退院してきて、しばらくリハビリなどの関係で、京都から離れられない状況が続いておりますが、できるだけ早く復帰したいと思っています。
また、何回で終わるのか自分でもわからないこの富士山レポも、前回の投稿からかなり期間があいてしまいました。(泣)
理由は2つあります。1つ目は病院でネットが使えないので入院中はどうしても無理ということ(泣)。そして2つ目は右手でキーボード操作できなかったということ。笑 いや、誰かとは言いませんが某スキー部1年が「左手でブログ書けば良い」などと無茶なことを言っていましたが、くっそめんどくさいですよ無理ですよそんなこと(笑)ちなみに今は、キーボード操作できるくらいには右腕を動かせるようになったんでちょくちょく右手でも操作しています。

それでは続きを。

到着したのが夜7時半くらいで、晩御飯までは少し時間があったので、チェックインをした後は、自分たちのスペースに荷物を置きにいきました。が、それを見た瞬間「まじかー!」みたいな感じでした(笑)なぜなら、僕は板張りの空間に寝袋を敷いて寝ることは予想していたのですが、その一人が使えるスペース(特に幅)がめちゃくちゃ狭かったんですよね。これで寝れるのかと心配になりました。笑 しかも、自分たちのスペースは山小屋の入り口に近くて、多くの登山者が食事をしたりうろうろしたりしていたので、なかなか落ち着かない場所だったのでさらに不安になりました。笑

とは言いつつもやっと荷物を下ろしてゆっくり座ることができたのでほっとしました。

下の写真はまさにそのスペースでの智基先輩ですが、なんとなく雰囲気はわかるかと(笑) 

201409010013016ba.jpg

そんな感じで時を過ごしていたら、やっと晩御飯の時間に。
いや、激しく空腹だったのもあり、個人的にかなりこの時を待ち望んでいましたね(笑)メニューはカレー。山小屋の定番ですよね。

20140831235638d3a.jpg

そして記念撮影。

20140831235640855.jpg


記念撮影した後に、とりあえずここまでお疲れー、みたいな感じで軽く乾杯した後、食べました。はい。めっちゃ美味しかったです。僕は食事の美味しさを決めるものの要素の1つに「Situation」があると思っているのですが、まさにそれを実感した瞬間でした。(T_T)

ご飯食べた後は、次の日頂上でご来光を見るべく1時~2時くらいに起床するということで寝ました。いや、正確には寝ようとしました。ですね。まあ予想通りといったらなんですが、僕がその寝床を見たときに抱いた不安が的中したんですよね。笑 狭くて体勢がきついのと、隣の人と近くて暑いのとで、なかなか寝付けませんでした。笑 あの状況ですんなり寝ておられた聖也先輩はすごいと思います。(笑)

っとここで寝る前に撮っておいたポテチの写真を載せておきます。笑 だいぶ膨らんできました。苦労して持ってきた甲斐がありました。このときの僕の中の計画では、頂上で初めて袋を破き、そこで食べるという計画までだいぶ近づいてきました。笑

201409010013027fb.jpg

寝れそうもなかったのですがとりあえず、ウォークマンで音楽聴いていました。笑 途中何回かトイレに行ったりして外に出たのですが、残念ながら星は全然見えませんでした。そしてすごく強い風が吹いていて寒かったですね。

そしていつの間にか寝ていたみたいで、12時半頃に山小屋のスタッフのひとの声で目が覚めました。なんと、頂上付近での雨風が強すぎて山小屋で待機しなければいけない状況とのこと。この時点で頂上でのご来光は絶望的になりました(T_T)そして、自分たちも、ご来光は山小屋でみて、明るくなってから山小屋に出発しようと計画を変更しました。
スタッフに起こされてからは、外の様子を見たり、啓介先輩と話していたりでなんやかんやしばらく起きてました。その時の啓介先輩のバイトの話がおもしろすぎました。笑

でもご来光までしばらく時間があったので再び寝袋に入りました。不思議とこのときは苦労せずに寝れました。(笑)

そして、再び目覚めてご来光を見に行きましたが・・・(笑)

20140901011740335.jpg

残念ながら写真の通り朝日どころか太陽の存在さえも確認できない状況でしたね。(笑)雨も若干降っていました。(笑)
でも・・・なんとなく明るくなってきたので、形はどうであれ、とりあえずご来光を見たということになりました。(笑)ものすごいプラス思考ですよね。はい。

そして、再び仮眠を取ったあと、時間は覚えていませんが本格的に起床しました。「本格的に起床」なんて言葉聞いたこともありませんが、ニュアンスを読み取っていただければ幸いです(笑)

下の2枚の写真は朝の様子ですが、2枚のうち上の写真は恐らく聖也先輩です。(笑)写真だとなかなか状況を理解しがたい光景ですが。(笑)

20140901001259219.jpg

20140901013732222.jpg


朝食を取って出発準備していると、非常にショッキングなことがありました。なんと前日の晩に写真を撮ったポテチに穴が開き、若干空気が抜けていたのです(T_T)自分の足元にあったことから恐らく寝ている間に、無意識で蹴り潰したんでしょうね。これで頂上までそのまま持っていくという計画がつぶれました(笑)悲しかったです。せっかく苦労してもってきたこのポテチもただの場所取りになってしまいました(笑)(´・ω・`)

そしてそして、ウィンドブレーカーやザックカバーを装着して、朝6時半くらいだったと思いますが、いよいよ頂上に向けて出発。周りは雲しかなく雨もけっこう降っていました。正直周りはほとんど何も見えず真っ白な世界でした。でも頂上まではそこまで遠くないみたいなので、再びテンションが上がってきました。(^^)

201409010158446ba.jpg

この辺でアップしておきます。






















スポンサーサイト